1. ホーム
  2. ブログ
  3. 熱いものを秘めた日本酒

2018.1.10

熱いものを秘めた日本酒

みなさま、新年あけましておめでとうございます。

セールス&マーケティング部の妹尾です。

 

 

2018年の目標のひとつに、「映画をたくさん観る」を掲げています。

 

 

そんな今年初の映画館鑑賞の映画は

キングスマン ゴールデンサークルです

写真 2018-01-10 19 07 04

 

イギリス・ロンドンにある高級スーツ店「キングスマン」は、

どこの国にも所属せずに、難事件・テロリズムを解決する

スパイ組織「キングスマン」の拠点。そこに属するスパイたちが活躍する映画で、

1月5日に上映となったゴールデンサークルは2作目。

 

1月7日に観てきたのですが、席はほぼ満席!!

感想はネタバレになるので言えませんが、あっと言う間の140分。

 

アクションが爽快で、グロテスクな表現も多々ありますが、

高級スーツを身にまとったスパイたちが暴れまくる、

新年1発目を飾るには、見るのがとても楽しい映画でした 😆 

 

 

私が一番好きなキャラクターは、ラブコメ好き必見な「ブリジットジョーンズの日記」

アカデミー賞作品賞も受賞した「英国王のスピーチ」で有名なコリン・ファースが演じる

ハリー・ハート。

 

キングスマンのベテランスパイで、主人公エグジーをキングスマンへ誘うのが彼です。

 

普段はとても冷静沈着で、でもその中には熱いものも秘めている…。

1作目ではその熱いものが解放して暴れまくる、かっこいいコリン・ファースがたくさん拝めます 😆 

 

 

そんな彼のように、冷静沈着に見えて、熱いものを秘めている商品が、

実は当社にも存在します 😎 

 

純米酒「紀伊国屋文左衛門」寒のにごり酒 生1800_01

純米酒 紀伊国屋文左衛門 寒のにごり酒 生

 

 

にごり酒とは、発酵中のもろみをそのまま軽く濾した、もろみに近い日本酒です。

生原酒ですので、もろみに含まれた酵母はまだ生きたままとなります。

少し酵母が発酵を続けておりますので発泡性があり、米本来の風味豊かな香りと味わいを楽しむことができます。

 

個人的には、風味がやわらかくとても飲みやすい日本酒のひとつです!

ただし、度数は原酒のため高く、ついつい飲みやすく、ぐいぐい飲んでしまうと

すぐに酔っぱらってしまう、とても危険な日本酒でもあります… 😎 

 

見た目はとても落ち着いた色合いのラベルで、佇まいも落ち着いているのですが、

酵母が瓶内で生きているため、常に醗酵を続けています。

そのため発泡性を含んでおり、開栓は細心の注意を払わなければ、

キャップが飛んでくるかもしれない!

熱いもの(発泡性)を秘めている、危険な日本酒なのです… 😎 

 

(私が勝手に考えた)ハリー・ハートのような

純米酒 紀伊国屋文左衛門 寒のにごり酒 生は1月18日に発売予定です。

※弊社売店、オンラインショップでの販売は行っておりません。

酒販専門店様、飲食店様のみでも販売となりますので、ご注意ください。

 

 

 

2018年戌年

 

(プライベートでは)たくさんの映画を見て、

(仕事では)たくさんの中野BCの魅力を伝えて

 

いきたいと思います!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。