純米酒
「紀伊国屋文左衛門」
生原酒
720ml / 1.8L

「紀伊国屋文左衛門」とは

紀州和歌山を代表する江戸時代の豪商であり、みかんを「紀ノ国蜜柑船」で江戸まで命懸けで船出して、江戸で富を得た「紀伊国屋文左衛門」。その名に因んで醸された銘柄です。

“時期”で違いを楽しむ純米生原酒

天の恵みと、地の恵みの恩恵を受けて育ったその年の新米「五百万石」を使用して醸した純米生原酒。
11月~2月辺りまでは、しぼりたてのフレッシュな風味を楽しめ、少し熟成ののってきた3月辺りからは、フレッシュさはそのままで、米の旨味がより膨らんだ生原酒としてお楽しみいただけます。
本年度も、鼻孔をくすぐるきれいな香り、口に含むと舌でほんのりと柔らかい米の旨味が感じた後、喉に吸い込まれるようなスッキリとした味わいへの仕上がりを予定しております。

時期 酒質 温度帯 料理
11~2月 フレッシュな新酒 雪冷え~花冷え
(5~10℃前後)
・鍋(水炊きなどポン酢で食べるもの)
・赤身の刺身
3月~ 熟成がのった生原酒 雪冷え~花冷え
(5~10℃前後)
オンザロック
・おでん
・焼き鳥(タレ系)
・赤身の刺身
純米酒
「紀伊国屋文左衛門」
生原酒

720ml / 1.8L

ご購入はこちら

商品名 純米酒「紀伊国屋文左衛門」生原酒
内容量/入数 720ml/6入 1.8L/6入
アルコール度数 18度
醸造年度 2020年(令和2年)
原料米品種 五百万石100%
精米歩合 65%
日本酒度 未定
酸度/アミノ酸度 未定
価格 1,200円(税抜) 2,400円(税抜)
JANコード 4904250 140188 4904250 139182
発売日 2020年11月下旬予定

【要冷蔵】

生原酒を瓶詰めしていますので、瓶内で酵母が生きており、開封時に王冠が飛んだり、酒が噴出することがあります。開ける前によく冷やして、1時間以上静置して下さい。