「紀伊国屋文左衛門」吟醸

江戸時代、紀州のみかんを積み「紀ノ国蜜柑船」で江戸まで命懸けで船出し、富を得た紀州和歌山を代表する豪商「紀伊国屋文左衛門」。その名に因んで「和歌山らしい米の旨味のある優しい味わいの酒」を目指し、米の品種からこだわり、より高い品質の酒に醸し上げた銘柄「紀伊国屋文左衛門」。

酒造好適米「夢錦」を使用して醸した、香り系のすっきりとした酒質の吟醸酒。吟醸酒らしい爽やかで淡い吟醸香と、すっきりと爽快な味わいです。料理との相性は抜群で、飲み飽きのしないさわやかな酒質に仕上げております。 杜氏おすすめの飲み方は「冷酒」。すっきりと爽快な飲み口と吟醸香をお楽しみください。